Save on shipping prices up assessment?

送料節約で査定価格アップ?

指定の配送会社を利用する!

買取の際にかかる送料は、通常は、買取業者持ち、着払いです。しかし、着払いだからといって、小口の段ボール箱をたくさん送ると、送料が高くなり、本査定金額に影響するかもしれません。そこで、配送する際は、業者の指定する配送会社を聞いておきましょう。

買取業者は、毎日といっていいほど配送業者を利用しています。そして、取扱分量に応じた業者割引制度があるのです。例えば、S配送業者を利用すると、正規料金から20%引きで配送できるなどです。

送料が少なくなった分、査定価格に上乗せできるということもあるかもしれません。そのあたりは、各買取業者によって異なりますので、あらかじめチェックしておいた方が賢明です。

配送個数を少なくする!

配送個数をできるだけ、少なくすることです。楽器などは容積も大きく、難しいこともありますが、配送する箱の数は少なくなるようにしましょう。

送料も積み重なると大きな金額になってしまいます。一般的に、3辺160~170センチまで、25~30キログラムまでは、各配送会社は対応していますので、1箱にまとまるようでしたらまとめておきたいものです。

楽器にあった段ボール箱を用意する!

さらに、大切なことがもう一つあります。それは、楽器の量・大きさに合わせた段ボール箱を用意するということです。容積の小さな楽器を梱包する際に、大きな段ボールを使用されてしまうと、余分なスペースが空いて、商品が入ってないにも関わらず余分な送料がかかってしまうことになるのです。

こういうところも業者さんは見ていたりします。もし気が回る方であれば、そういったことはないようにしておきましょうね。

以上のことを心掛けると、もしかしたら、ちょっとは査定がアップするかも?

一括見積もりフォームへ