What is the rate of purchase price determined by it?

買取相場ってどうやって決まるの?

「え、この商品がこの値段で!?」

予想よりも高い値段であったり、低い値段であったりと、同じ楽器でも買取業者から提示される査定金額はさまざまです。それぞれ各業者の基準に則って買取提示金額を決めているのですが、ここではその基準について一部ご紹介したいと思います。

この基準によって金額が決まっていると理解できれば、相場の流れもだいたいわかるのではないでしょうか。

その1、楽器の需要(ニーズ)

まず、楽器の需要です。その楽器に需要があれば、高値で取引され、逆に需要がなければ、安値で取引される傾向にあります。

需要というのは、例えば、定価で楽器を購入すれば高額だから、中古でも良いので安く手に入れたいという人の数があげられます。楽器は、他メディアからのブームによって、需要が大きく変動することがあります。依頼する側としては、そのタイミングを見定めて依頼することが高く売るためのポイントとなります。

その2、代替となる楽器の存在

次に、代替となる楽器の存在です。代替となる楽器があれば、買取価格は下がることが予想されます。

キーボードを例に挙げると、60キーのキーボードでも持ち運びができるやや小型なものであれば、代替楽器が少なく値段は下がりにくいですが、76キーのキーボードで代替が利くと、相場は下がりやすいものになってしまいます

その3、在庫量との兼ね合い

最後に、各業者が抱える在庫量との兼ね合いです。在庫量が多ければ、その業者が提示できるご依頼品の買取価格は下がってしまいます。

特に、ご依頼品と同じ在庫がたくさんある場合には、そのお品の買取価格は下げざるを得ません。各社の在庫に伴って見積もり金額が変動します。これは同じ商品でも業者によって提示される金額には差が生まれる理由にもなります。

このように、取引相場というのは、依頼時期、代替楽器、在庫量との関係によって、日々変動しています。ですので、適当な時期に、多くの買取業者に見積もりをお願いして、できるだけ自分の希望を満たす業者を探すことが大切になるのです。

相場の決まり方がわかると、買取価格にも納得できると思います。

一括見積もりフォームへ